JALを好きになったきっかけ JL415 成田-パリ

JALを好きになったきっかけ JL415 成田-パリ

f:id:osorapon:20170630233005j:plain

今年2017年は、昨年のSFC修行に続けてJGC修行を行っています。

きっかけは2016年11月に搭乗したJL415便でした。

自身初のSKY SUITE搭乗となったフライトで、CAさんの対応やシートの快適性とプライバシー性の高さ、そして機内食の美味しさに驚き、SFC修行中だった私は翌年のJGC修行を決意したのでした。

当時の写真と共に、思い出を記していきたいと思います。

f:id:osorapon:20170630234417j:plain

成田空港第2ターミナル ずらーっとチェックインカウンターが並んでいます。

JALはその中央にカウンターを構え、ファーストクラスカウンターやJGCカウンターから優先保安検査場までの導線は見事です。

f:id:osorapon:20170630235753j:plain

プッシュバック後のいつもの光景。

このフライトの目的はフランスへの出張で、プレッシャーを感じながらの出発でした。地上係員さんのいつもの光景に勇気づけられたんですよね。

f:id:osorapon:20170630235840j:plain

日本海をすぎロシア上空へ差し掛かるころでしょうか、食事が提供されました。

写真はアミューズの後に提供されたオードブル「白身魚のサラダ仕立て スペイン風ドレッシング」とメゾンカイザー特製パン プチチャバタとプチさつまいも

当時のメニュー表を見返すとシャンパンは「シャルル エドシック」で、最近JGC修行で何度も利用した、JL723/724 成田-クアラルンプール線と同じでした。

いつも思うのですが

キンキンに冷えてやがる状態で提供されるナプキンとシルバーに感心します。

f:id:osorapon:20170630235922j:plain

メインディッシュはお肉にしました。和牛のサーロインステーキ。

赤ワインは「シャトー・シマール2004」というやつだそうです。

JAL SKYSUITEはもっとも大きなディスプレイを備えているビジネスクラスといっても過言でないと思います。

食事を終えてぼーっとしていたらCAさんから「映画とかみないんですか~??」と声をかけられました。私は23インチの大画面で「君の名は。」を観ることにしました。あらすじも知らずに、話題になった作品だから観てみようという感覚でした。

しばらくすると、

・・・涙 涙 涙

出張中のビジネスクラスで周囲の視線を気にすることなく思う存分泣きました(笑)(笑)

プライバシー性の高さは申し分ありません。だれにも気づかれることはないでしょう。

f:id:osorapon:20170701002011j:plain

ちょうど中間地点くらいでしょうか。空がうっすら赤くなってきました。

登録番号JA836J

思い出深い飛行機なので、いつかまたこの機体に乗りたい!!

f:id:osorapon:20170701002050j:plain

f:id:osorapon:20170701002142j:plain

成田空港周辺は雄大な利根川と、太平洋、田んぼ、九十九里浜ですが、

シャルルドゴール空港周辺は広大な畑が広がっていました。この時期は作物の収穫が終わっているようですが、違う季節に違った表情をみせてくれそうです。

f:id:osorapon:20170701002224j:plain

JAL HPによるとJL415/416便は2017年10月29日をもって運休となるようです。

パリでのテロの影響などを受けての利用者が減っているのでしょうか。

プレッシャーを感じながら海外出張した思い出の路線なので再運航となることを願っています。

ビジネスクラスカテゴリの最新記事