ルフトハンザRIMOWAをフランクフルト空港で買ってきたお話【免税手続き解説付き】

ルフトハンザRIMOWAをフランクフルト空港で買ってきたお話【免税手続き解説付き】

f:id:osorapon:20170806221235j:plain

フランクフルト空港 ターミナル1 Lufthansa World Shop store A にて

今回は2017年2月にANAを利用してドイツへ旅行に行った際に、フランクフルト空港でルフトハンザモデルのRIMOWAを購入してきたというお話です。日本未発売のルフトハンザモデルですが、扱っている通販サイトはあるようです。しかしドイツでの価格に比べたら高額。

なので今回の記事、旅行のついでに現地の価格で購入したいと考えている方の参考になればと思います。免税手続きの手順も解説します。

 

 

 

■当時使っていたスーツケースの紹介

まずは当時メインで使っていたスーツケースの紹介から。少々おつきあいください。

4年程前に4日間程度の初海外出張が急に決まった時、スーツケースをもっていなかった僕は、近くのドン・キホーテにスーツケースを探しに行きました。その当時は初めてだったため、4日間の日程だとどの程度の荷物になるのか、どの程度のサイズが人気なのかもわからず、お値打ち価格で販売されていたこのスーツケースを購入したのでした。

その名も「ドン吉」くんです!!!

ドン吉のドンはもちろん出会った場所ドン・キホーテから頂きました。

f:id:osorapon:20170806231203j:plain

上の写真はJAL BUSINESS CLASSのプライオリティタグでおめかししてフランスへ行った時のもの。

初出張で活躍してもらっただけでなく、その後の出張にも連れて行きました。

 

 

 

 

f:id:osorapon:20170806231238j:plain

この写真は、ユナイテッド航空の飛行機に乗せられアメリカへ行った時のもの。

このときは、ワシントン・ダレス空港で乗り継ぎだったのですが、きっとアメリカ人の空港スタッフに豪快に扱われたのでしょう、これまでで一番大きな傷がつきました。

 

 

 

 

f:id:osorapon:20170806231309j:plain

そしてこれは今回写真。ANAを利用してフランクフルトに行った時の写真。

SFC修行を解脱したおかげで、ANAのプライオリティタグをつけてドイツに連れて行くことができました。

写真でもわかる通りドン吉くんはそれほど大きなスーツケースではありません。

50L程度の小さいスーツケースにもかかわらず、1週間以上の海外出張につれて行ったこともあったります。ドン吉くんはこれまで50000マイル以上の生涯マイルを持っています。

何か不満があったわけでもなく、どこかが壊れたわけでもありませんでした。ただ、2016年にSFC修行を始めたことがきっかけでRIMOWAが欲しくなってしまったのです。

銀色ボディーのスーツケースを転がしながら空港を歩いている人たちに憧れたり、機内にRIMOWAを持ち込むデキル雰囲気のビジネスマンに憧れたりと、かっこよく飛行機に乗る方々をたくさん見ているうちに。

そしてルフトハンザモデルのRIMOWAをドイツに買いに行くことにしたのでした。

 

 

 

 

■今回のお目当てはコレ

ということで前置きが長くなりましたが、今回のドイツ旅行でのお目当てはコレです!!

f:id:osorapon:20170806234344p:plain

RIMOWA Lufthansa Alu Collection Multiwheel

通常モデルとの外観上の違いは、ルフトのマークがあるだけですが、内装材が黒に変わっていて、その内装材にはLufthansaの文字が書いてあるのです。そしてサイズですが、どのサイズにするかとても悩みました。東京にあるRIMOWAショップや、大阪にあるRIMOWAショップに通いました。ですがなかなか答えが出なかった為、中型サイズの64Lと大型サイズの85Lのどちらにするか、現地で現物を見て決めようと思って出発しました。

 

 

 

 

■やっとここからがFRAに着いてからの話だよ

f:id:osorapon:20170806222617j:plain

ではここからがフランクフルト空港へついてからの話です。

ルフトハンザのWorldShopはANAが利用するターミナル1に2店舗あります。

JAL利用の場合はターミナル2発着ですので、ルフトハンザRIMOWAを購入したい場合にはターミナルを移動する必要があります。

f:id:osorapon:20170806221235j:plain

こちらは2店舗あるうちのStore Aです。もう1店舗がStore Bになります。

品揃えに差があるのか無いのか、単に場所だけの違いなのかはわかりませんが、

旅行初日にフランクフルト空港に到着した私は、入国後すぐにドン吉くんをピックアップして、早速サイズ確認の為にこちらを訪れました。いつも使っているスーツケースと一緒に行くとサイズ感が分かりやすくてGoodです。しばし悩んだ末、結局この日は、64Lにするか85Lにするか決められなかったので、ドイツを観光している間に考えることにしました。すなわち帰国の日に再度ドン吉君と訪れて、サイズを決めることにしました。時間に追われないとなかなか決まらない気がしたのと、HPにて開店時間を確認したら、朝から開店していることが分かりましたので。

モデルとサイズが決まっている場合には、到着したその日に予約してしまうのも手かもしれません。

空港散策はここまでにして、ホテルに向かいました。

 

 

 

 

■買って帰るよルフトハンザRIMOWA

ということで帰国の日。

フランクフルト空港に早めに到着した私は早速WorldShopに向かいました。

このときすでに85Lを買おうと決めてました。なぜ大型の85Lにしたかというと、やっぱりドン吉くんとの共存です。

きっと64Lの方が使い勝手を考えるといいんだろうなと思います。85Lに荷物をいっぱいにつめたら重くて移動が大変そうだし、JAL便は手荷物1個あたり32kgまでOKなのですが、その他の多くの航空会社では23kgまでですし。

しかし64LのRIMOWAを買ったらドン吉くんを連れて行くことがなくなってしまう気がしたので、85Lにしました!!

f:id:osorapon:20170806235617j:plain

じゃーん!!

買っちゃいました!!85LのルフトハンザRIMOWA!!

WorldShop(こちらはたぶんStore B)の前でドン吉くんと記念撮影です。

彼の名前はルフリモくんです!!そのまんまですけどね。

 

WorldShopでは古いスーツケースを引き取ってもらうことも可能なようです。

例えば、ドン吉くんの中に入っている荷物をルフリモくんに移してしまって、ドン吉くんを引き取ってもらうなんてことができます。しかし、それはあまりにもかわいそうなので(涙)僕はドン吉くんと一緒に帰国します。ドン吉くんはこれから国内移動専門になりそうですが、今後もよろしくお願いしますねm(__)m

 

ほしかったRIMOWAも買えたし、ここでちょっとベンチで休憩!!!

と行きたいところですが、実はモタモタしている暇はないんです。

なぜかと言うと

f:id:osorapon:20170807001046j:plain

AIR CHINAのチェックインカウンターには長蛇の列ができていたんです。

これだけの人が免税手続きを始めたら大変なことになります。

ですので早速、免税手続きを開始します。

 

 

 

 

■免税手続きは4ステップだよ

【STEP 0/4】免税申告書類をもらっているか&免税手続き業者の確認

まずは手続きまえの事前確認。

f:id:osorapon:20170810002146j:plain

欲しかったRIMOWAが買えたことに興奮して、WorldShopで免税手続き書類をもらい忘れていないか、改めて確認しましょう(笑)忘れずに免税申告書類をもらっていたら、その書類が”Global blue”用なのか”Premier tax free”用なのかを確認します。おそらく”Premier tax free”用だと思います。私の時もそうでした。

最後のSTEP 4で手続き業者に書類を提出するのですが、その提出先がどちらなのかを書類をもらったらすぐに確認しておきましょう。

 

 

【STEP 1/4】免税書類に必要事項の記入

氏名からはじまりひと通りの情報を記入します。この書類の中には免税額の返金方法を選択する項目がありますが、私はクレジットカードでの返金を選択しました。

 

 

【STEP 2/4】免税品にバゲージタグの取付け

帰国便に利用する航空会社のチェックインカウンターにてルフリモくんにバゲージタグをつけてもらいます。私の場合は、通常の荷物になるドン吉くんはその場で預けますが、免税品であるルフリモくんは預けずに返してもらってください。

私はANAを利用して帰国しますのでANAのカウンターに向かいました。するとグランドスタッフさんから、

「そのスーツケースは新しいですね。免税品ですか??」と尋ねられ、

「そうです!!」と答えたら、免税手続きのことも丁寧に教えてくれました。

ANAを利用して帰国する際には、税関のカウンターや、免税業者のカウンターの場所も教えてもらえます。

そして、ドン吉くんとはここでしばしお別れです。無事に羽田で再開できることを祈りつつ。

HND行のタグとスターアライアンスプライオリティタグをつけてもらったルフリモくんは、税関カウンターに連れて行きます。

 

 

【STEP 3/4】税関カウンターにてスタンプをもらう&しばしお別れ

f:id:osorapon:20170807001626j:plain

茶色のセーターの男性が立っている場所が税関のカウンターです。

ここに先程のレシートと免税申告書類、パスポート、航空券と免税品であるルフリモくんを提示して、申告書類にスタンプを押してもらい、カウンター横にある黄色いカートにルフリモ君を載せます。

f:id:osorapon:20170810002806j:plain

ここでルフリモくんともしばしのお別れです。羽田で無事に再開できることを祈りましょう!!!

ロストしないように!!!

 

 

【STEP 4/4】免税手続き業者のカウンターに免税申告書類を提出

f:id:osorapon:20170810002953j:plain

Premier Tax Freeのカウンターで

返金先のクレジットカードの読み取りと、免税申告書類を預けたら終了!!

あとは通常の帰国手順と一緒です。これにてひと安心。

 

 

 

 

■あとは搭乗時間までラウンジを楽しもう

f:id:osorapon:20170810003925j:plain

 

 

 

 

今回はSFC修行によって得たスターアライアンスゴールドのステイタスを満喫するために、ルフトハンザ航空のセネターラウンジとエアカナダのメープルリーフラウンジを訪れました。

f:id:osorapon:20170810004042j:plain

まずはルフトハンザ航空のセネターラウンジで乾杯!!!

ん~っっ!!泡の立ち方がキレイ!!

f:id:osorapon:20170810004214j:plain

セネターラウンジから外を見るとこれがいましたよ!!

BB-8 スターウォーズジェット

偶然にも帰国便はこいつです!!セネターラウンジにいたスマートなおじさま方もBB-8ジェットの写真を撮ってました。

 

 

 

 

f:id:osorapon:20170810004304j:plain

続いてエアカナダのメープルリーフラウンジへ!!

f:id:osorapon:20170810005050j:plain

こちらは出発便の時間帯ではないようで、とても静かでした。

テーブルがカナダっぽい感じでした。←行ったことないけど。。。。

 

 

 

 

という感じで出発までの時間をラウンジめぐりしながら楽しく過ごしました。

ステータスを獲得して初の国際線利用だったこともあり、海外エアラインのラウンジは初体験でしたが、それぞれの国の食べ物や雰囲気が感じられる空間はとても楽しかったです。カナダに行ったわけではないけど、ちょっぴりカナダに来た気分になれました。

 

 

 

 

その後、羽田空港のバゲージクレームにて無事にドン吉くん&ルフリモくんと再開することができました。

 

 

 

 

■免税額はどれくらい??

最後に免税額についての情報です。当時のユーロ/円レートが今はことなりますのでご注意を。

f:id:osorapon:20170811222215p:plain

購入から約3週間でしっかり還付されていました。

85Lもの大きなRIMOWA、しかもルフトハンザモデルが8万円とちょっとで販売されていることに驚きです。

そして10,000円近い還付を受けられる訳ですから、とんでもなくお得です。

 

 

 

 

■その後の活躍状況

ルフリモ君の購入から約1年が立ち、

ドン吉くんは国内線や飛行機を使わない国内移動で活躍してくれています。

ルフリモくんは2017年JGC修行やその後の海外旅行で活躍してくれています。

これからもドン吉くんとルフリモくんと色んな所へ飛んでいきたいと思います。

 

是非皆様も、日本ではなかなか手に入れることが難しい、ルフトハンザリモワと一緒に旅をしてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございますm(__)m

RIMOWAカテゴリの最新記事